悠木碧が演じたアニメキャラ一覧と人気ランキングをトップ5で紹介

4歳から子役として活躍し、ドラマ、特撮、ラジオ番組と幅広い分野で活躍中の悠木碧さん。

自身のブログや公式Twitterにも投稿されるイラストがハイクオリティと話題です。

「声優をやっていなかったら、自分はただのオタクだった」という言葉を裏付けるキャラクター愛がにじみ出た作品にはファンからも定評があります。

そんな悠木碧さんは、今までどんなアニメキャラを演じてきたんだろうと思う方も多いと思います。

そこで今回は、悠木碧さんが演じたアニメキャラの一覧と人気ランキングトップ5を紹介していきます。

 

悠木碧が演じたアニメキャラ一覧

まずは悠木碧さんが演じたアニメキャラの一覧を紹介していきます。

一覧では主役級のキャラや、ネット上で人気のキャラを中心に紹介していきます。

太字は主人公など特に主役級です

年代 作品 キャラ名 キャラ紹介
2008年 紅kure-nai 九鳳院紫 自由奔放な性格で、甘えん坊なヒロイン
2009年 夢色パティシエール 天野いちご 天性の味覚と感受性でパティシエールを目指す主人公
2010年 ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド ミナ・ツェペッシュ 外見は幼女、実は数百年生きているヴァンパイアの女王
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 寒凪乃絵留(ノエル) 徹夜作業で常に寝不足、配備戦車に心血を注ぐメカニック
ポケットモンスター アイリス ドラゴンマスターを目指す女の子
百花繚乱サムライガールズ 柳生十兵衛 突然空から降ってきた記憶喪失の美少女
2011年 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか とある理由から特別な素質を持つことになった主人公
GOSICK-ゴシック- ヴィクトリカ・ド・ブロワ   天才的な頭脳の金髪美少女
Aチャンネル 一井透 幼い容姿にコンプレックスを持つ主人公の幼馴染
境界線上のホライゾン 向井・鈴 後方支援で窮地を救う盲目の少女
2012年 戦姫絶唱シンフォギア 立花響 中国武術を操るシンフォギア装者
男子高校生の日常 りんごちゃん 真田東女子高校の生徒会長
咲-Saki-シリーズ 高鴨穏乃 ポジティブでメンタルの強いチームのムードメーカー
DOG DAYS シリーズ クーベル・E・パスティヤージュ パスティヤージュ公国の第一公女
イナズマイレブンGOクロノ・ストーン 菜花黄名子 背番号は78番、物語に絡む謎のヒロイン
2013年 革命機ヴァルヴレイヴ 連坊小路アキラ 学園内に建てたダンボールハウスの引きこもり
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 比企谷小町 主人公の妹
2014年 ソウルイーターノット! 多々音めめ 自分の名前を忘れるほどの天然キャラ
ブラック・ブレット 蛭子小比奈 善悪の概念を持たない二本の小太刀使い
七つの大罪 ディアンヌ 巨大な大槌を扱う心優しい巨人族の女の子
ソードアート・オンラインⅡ ユウキ / 紺野 木綿季 圧倒的な強さを誇る天涯孤独の少女
2015年 山田くんと七人の魔女 滝川ノア 数々の問題を起こした1年生
終わりのセラフ クルル・ツェペシ 京都府にある吸血鬼地下都市統治する女王
妖怪ウォッチ 未空イナホ 挨拶「ちわっち!!」が口癖の主人公
六花の勇者 フレミー・スピッドロウ 他者を信じることができない凶魔と人間のハーフ
緋弾のアリアAA 島麒麟 突飛な作戦を立てる頭脳明晰な参謀役
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 妹溺愛の正義感の強いお姉ちゃん
2016年 僕だけがいない街 雛月加代 主人公の小学校時代のクラスメイト
逆転裁判~その「真実」、異議あり!~ 綾里真宵 和服姿の主人公の助手
僕のヒーローアカデミア 蛙吹梅雨 蛙の個性を持つ参謀タイプの女の子
田中くんはいつもけだるげ 田中莉乃 主人公と瓜二つのしっかり者の妹
クオリディア・コード 天河舞姫 「人類の希望」といわれる大食い、脳筋のお嬢様
2017年 幼女戦記 ターニャ・フォン・デグレチャフ 「白銀」の二つ名を持つ航空魔導師士官
サクラダリセット 相麻菫 屋上を好む野良猫のような少女
アホガール 花畑よしこ 無駄に高い女子力と身体能力を持つ信じられない天然キャラ
キノの旅-the Beautiful World-the Animated Series キノ 相棒「エルメス」と旅をする少女
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 香坂秋穂 成績優秀かつスポーツ万能、とても天然な高校生
2018年 博多豚骨ラーメンズ ミサキ 冷めた思考を持つ小学生
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 アリサ 「亡国の魔女」の称号を持つ元日本人の転生者
PERSONA5 theAnimation 佐倉双葉 後方支援役のナビゲーターとして活躍する凄腕ハッカー
ヲタクに恋は難しい 桜城光 コミュニケーションが苦手なソロゲーマー
ピアノの森 丸山誉子 実力はあるが、かなりのあがり症
ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 咲山小梅 上恵大学付属病院に勤務する看護士
百錬の覇王と聖約の戦乙女 アルベルティーナ 非力で俊敏な伝令役
ベルゼブブ譲のお気に召すまま。 ダンタリオン 読書のし過ぎで常に眠たい活字中毒の悪魔
ラディアン メリ 魔法の代償で性格が豹変する危ない子
2019年 ブギーポップは笑わない ブギーポップ/宮下藤花 世界の危機に関わる異変の時に現れる別人格
からくりサーカス コロンビーヌ 鋼鉄も容易に溶かす「純白の手」を持つ人形
異世界かるてっと ターニャ まとまりのないクラスに規律の徹底を目論む風紀委員長
炎炎ノ消防隊 環古達 一生懸命でちょっと不憫な女の子
グランベルム 袴田水晶 本気とも冗談ともつかない言動で周囲を翻弄するアンナの弟子のひとり

2003年から声優として活躍されている悠木碧さん。

「悠木節」とも言われる独特なイントネーションと舌足らずなのに聞き取りやすい声質が特徴です。

幼女から少年、快活なキャラからクール系、不思議系まで様々なキャラクターを演じられています。

2008年、紅kure-naiで初ヒロインを務めたことで本格的に声優の活動をメインとするようになり、事務所もプロ・フィットへ移籍しました。

 

悠木碧が演じたアニメキャラ人気ランキングトップ5

それでは悠木碧さんが演じたアニメキャラ人気ランキングトップ5を紹介していきます。

ランキングの基準は、2019年5月27日時点で「悠木碧 キャラ名」で検索したTwitterの投稿数になります。

人気ランキング1位:ソードアート・オンラインⅡ「ユウキ / 紺野 木綿季」 146,014ツイート

https://twitter.com/blessing_anime/status/1131213158423515136?s=20

栄えある第1位は2014年に放送された『ソードアート・オンラインⅡ』の「ユウキ/紺野木綿季」です。

ツイート数は146,014と2位と5万ツイートも差をつけています。

『ソードアート・オンライン』といえば、アニメ、ゲームそして劇場版も公開され、社会現象を巻き起こしたアニメの一つです。

『ソードアート・オンライン』の魅力はゲームの世界観とリアルを混ぜ込んだ新鮮な作風によるものです。

「ユウキが登場するマザーズ・ロザリオ編に感動しました」「一生懸命生きる姿に勇気をもらえた」とのファンの声が多いキャラクターです。

強くて可愛いだけではなく、キャラの背景と一生懸命生きる姿が多くのファンを虜にしているようです。

人気ランキング2位:戦姫絶唱シンフォギア「立花響」 54,022ツイート

2位は2012年放送の『戦記絶唱シンフォギア』の「立花響」です。

3位とのツイート数の差は32,000ほどです。

「へいき、へっちゃら」が口癖、「誰も傷つけない」という信念を持ち戦うイケメン気質の女の子です。

いつも前向きでイケメン過ぎる性格とセリフがファンの心を掴んでいます。

人気ランキング3位:魔法少女まどか☆マギカ「鹿目まどか」 21,676ツイート

3位は2011年放送の『魔法少女まどか☆マギカ』の「鹿目まどか」です。

悠木碧さんといえば、多くの方が思い浮かべるキャラクターではないでしょうか。

まどかは、『まどかマギカ』のキャラクターたちの中でも特に色の薄いキャラクターなんです。キャラクター性として、普通であるということが彼女の個性なので、『まどかマギカ』を見るひとりひとりの中での“まどか像”が違うんですよ。

以上のように悠木さんが語る鹿目まどかというキャラクターは、何でもない普通の女の子が成長していく過程が魅力なんですね。

人気ランキング4位:幼女戦記「ターニャ・フォン・デグレチャフ」 11,599ツイート

https://twitter.com/sio_anime03/status/1129674756070895617?s=20

4位は2017年放送『幼女戦記』の「ターニャ・フォン・デグレチャフ」です。

4位でも1万ツイート以上投稿されているのが凄いですよね。

ターニャは、軍で栄達し、平穏無事な人生を送ることを望んでいるのですが、その行動のほとんどが裏目に出てしまいます。

他者の感情に疎く、かなりの合理主義者であることから周囲に誤解されることが多いキャラクターです。

合理的な戦い方は他者には無謀な戦法に見られ、敵味方から戦闘狂と畏怖されています。

ファンのかたからは、「狂気的なキャラクターと悪い顔が好き」という声が多いようです。

人気ランキング5位:キノの旅-the Beautiful World-the Animated Series「キノ」 7、351ツイート

5位は『キノの旅-the Beautiful World-the Animated Series』の「キノ」です。

こちらはキャラクターがというよりも、世界観を含めてキノが好きという方が多かったようです。

キノ自身は無口な方であまり話しません。

「クールでかっこいいところや、戦闘シーンの声が好き」というファンの声もあり、悠木碧さんの演じるキャラクターの幅の広さを感じさせる結果になりました。

 

悠木碧のプロフィール

こんなに色々なアニメキャラクターの声を演じている悠木碧さんのプロフィールを紹介していきます。

①プロフィール詳細

出身地:千葉県
生年月日:1992年3月27日
血液型:A型
事務所:プロ・フィット

4歳から芸能界に入り、子役として活躍してきました。

旧芸名は八武崎碧さん。

バラエティー番組『やっぱりさんま大先生』などで、「あおちゃん」の愛称で活躍していました。

小学5年生の時に、後々主人公「キノ」を演じることになる、『キノの旅』の「さくら」役として、初めてアニメに出演。

高校入学後の2008年に現在の悠木碧に改名されました。

②声優やってなかったらただのオタク

悠木碧さんご本人が言うのだから間違いないでしょう。

ゲーム、ニコニコ動画、ボーカロイドに明るく、ポケットモンスターのゲームで”ひらがな”を覚えたというほどのゲーム好きだそうです。

2017年から始まったスタッフと共用の公式Twitterアカウントでは、そんな悠木碧さんの呟きが満載です。

本来ならば、スタッフメインで投稿する予定が、ほとんどが悠木碧さんの投稿で、スタッフが投稿する時には(スタッフ)との注釈が入るようになりました。

③動物大好き

小動物が好きで、ご自身のブログにも度々登場するシマリスくんと猫ちゃんと一緒に暮らしています。

シマリスの「ポプリ」くん。

黒猫(マンチカン)の「エイミー」ちゃん。

白猫(マンチカン)の「アシュベル」くん。

「アシュベル」くんは2013年2月に発売された2nd”プチ”アルバム「メリバ」の初回限定版にも登場しました。

 

まとめ

今回は悠木碧さんの演じた代表的なアニメキャラ一覧と、人気ランキングトップ5を紹介しました。

親しみやすく、可愛らしい悠木碧さんは今後も見逃せない声優さんの一人です。

過去に悠木碧さんが出ているアニメ作品を探す際は今回の一覧やランキングを参考にしてみてください。