【漫画】うしおととらの最終回ネタバレと感想や無料で読む方法

うしおととらは1990年から1996年にかけて、週刊少年サンデーに連載されていました。

単行本は全33巻+外伝1巻。

また、アニメ化もされており、第1シーズンは2015年7月から12月にかけて、第2シーズンは2016年4月から6月にかけて放送されました。

ここからは漫画版うしおととらの最終回(最終話)ネタバレや感想、無料で読む方法などを紹介していきます。

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料お試し期間もあるので、ぜひ一度試してみてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうしおととらを読む

 

【漫画】うしおととらの最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見てく前に、まずはうしおととらのあらすじをチェック!

うしおととらのあらすじが下記の通りです。

母と再会した潮でしたが、すれ違いにより怒りに任せて白面の者との決戦に挑むことに。

その結果敗北し、獣の槍は破壊されてしまいます。

さらに、とらも白面に挑むものの敗れてしまいました。

しかし、東西の妖怪の助けもあり潮は復活。

ですが、獣の槍はありません。

潮は再会したとらに、自分の過ちを懺悔します。

すると獣の槍の破片が、人々の頭に巣くう碑妖を追い出し、とらの体に集まり、再び獣の槍は復活。

白面との戦いに挑む潮ですが、獣の槍だけの力では歯が立ちません。

その時、復活したとらが字伏の鎧を身に纏い駆けつけ、うしおととらVS白面の者の最終決戦が幕をあけるのでした。

以上がうしおととらのあらすじです!

続いて本題でもある、最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう。

どのような結末を迎えるのか?要チェックです。

 

【漫画】うしおととらの最終回ネタバレ

うしおととらは単行本が33巻、外伝が1巻リリースされています。

最終話は407話です。

ここからは、33巻に収録されている最終話(407話)のネタバレを詳しく見ていきます。

〜うしおととらの最終回ネタバレここから〜

うしおととらの猛攻で追い詰められた白面は自ら目を潰してしまい、肉眼でうしおととらを見ないように戦います。

うしおととらは白面の激しい猛攻にても足も出ません。

うしおは槍の力によりこれ以上槍を使うと字伏、つまりとらと同じになってしまいます。

一方白面の産みの親であるとら=シャカクシャも白面を倒すと自分も消えてしまう、という状況におちいってしまいます。

白面もそれを知っていて戦っているのでしょう。

しかし白面を倒さなければ日本は滅びてしまいます。

その時です。

鷹取小夜により冥界の門が開けられ、過去に倒した妖怪や死んでいった人達が現世に現れます。

冥界の門から現れた者達は白面に多大なるダメージを与えうしおととらに協力します。

そのおかげで弱る白面でしたが白面を倒すととらが消えてしまうという葛藤に悩まされ攻撃のできない潮でしたが、とらはそんなうしおに活をいれます。

白面を倒す決意をした潮にとらは自分の体に獣の槍を突き刺します。

白面から槍の気配を消すためです。

うしおととらは白面に突っ込み、白面は倒されます。

消える間際の白面の脳裏に人間の赤ちゃんの姿が現れます。

「我は白面にあらず…」最後の尻尾からはお母さんに抱かれた赤ちゃんが現れ白面は完全に消えます。

白面は純粋な人間の赤ちゃんになりたかったのかもしれません。

とらも白面を倒した事で消えかかってしまいます。うしお「とらぁ…まだ俺を食ってねぇだろ?」うしおはとらに泣きながら訴えかけます。

とら「もう…喰ったさ…はらぁ…いっぱいだぁ」この言葉を残してとらは消えてしまいます。

エピローグの中でうしおととらの言葉のやり取りがありましたがとらは復活したのでしょうか?

妖怪は消えても復活する、との事なのでもしかしたら…

〜うしおととらの最終回ネタバレここまで〜

以上がうしおととらの最終回(最終話)ネタバレです!

続編があるのか?と思わせるラストシーンでしたが、このシーンをもって結末を迎えています。

 

【漫画】うしおととらの最終回を無料で読むなら

単行本が全33巻+外伝1巻リリースされているうしおととら。

先程は最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、せっかくならイラスト付きの漫画で読んでみたいところ。

そこで活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間もあります。

実質無料でうしおととらを読むことができるので、ぜひお試しください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでうしおととらを読む

 

【漫画】うしおととらの最終回を読んだ感想

うしおととらは私が見てきた漫画の中で一二を争うくらい好きな漫画です。

最終回でとらが消えた場面なんかは涙無しには見られませんでした。

特に消えていく中でのとらの台詞、「もう…喰ったさ…はらぁいっぱいだ」は悲しくて切ない感情が涙無しには見れなかったです。

思い出しただけでうるっと来てしまうくらい感動のばめんでした。

うしおは中学生で設定も他の漫画にありがちな感じでしたが、うしおととらほど2人の成長を感じられる作品は他にないと思います。

エピローグでのうしおととら?の会話はドキっとしましたし叶うなら続編を見たい、と思わせる最後でした。

戦闘はなくても白面との戦いの後、うしおととらはもちろん他のキャラクターがどうなったのか、高校生編など是非とも見たいと思いました。

 

【漫画】うしおととらの最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】うしおととらの関連作品をご紹介

うしおととらの作者である藤田和日朗さんの代表作と言えば「からくりサーカス」です。

私は正直うしおととらの衝撃が強すぎて冒頭の部分しか読んでいませんが、操り人形で戦う不思議な女の子・しろがねや、拳法の達人・鳴海など個性豊かなキャラクターが登場します。

私の知人はうしおととらより好きだといっていました。

からくりサーカスもU-NEXTで配信されているので、気になる方はチェックしてみてください。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでかrからくりサーカスを読む

 

 

ちなみに…

アニメ版のうしおととらはU-NEXTではなく「ビデオパス」というサービスで配信されています。

漫画だけでなくアニメも見てみたい方は、ビデオパスをチェックしてください(^^)

↓30日間無料お試し期間あり↓ ビデオパスでうしおととらの動画を見る

 

まとめ

うしおととらの最終回(最終話)ネタバレや感想、無料で読む方法などを紹介してきました。

20年以上前の作品ですが、未だに根強い人気があります。

漫画はU-NEXTで、アニメはビデオパスで配信されているので、ぜひチェックしてみてください♪