【漫画】ウロボロスの最終回ネタバレや感想と無料で読む方法を紹介

ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-は神崎裕也さん作の漫画で、コミックバンチに連載されていました。

単行本の巻数は全24巻。また単行本のほか、テレビドラマ化もされています。

ここからはウロボロスのあらすじや最終回(最終話)ネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料会員登録で600円分のポイント&31日間のお試し期間があるので、実質無料でウロボロスを読むことができますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでウロボロスを読む

 

【漫画】ウロボロスの最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずはウロボロスのあらすじをチェック!

ウロボロスのあらすじは下記のようになっています。

龍崎イクオ段野竜哉の2人は児童養護施設で育ちました。

2人が小学生のときに彼らの人生を運命を変える出来事が起こります。

母親のように親身に世話をしてくれた養護施設の職員である柏葉結子が何者かによって殺害されます。

この現場を2人は見ていて逃げていく犯人の後ろ姿を目撃していました。

彼らは警察へ証言しようとしましたが、なんと金時計をした警察関係者によってこの証言は握りつぶされて、事件は迷宮入りに。

この事件から20年経ちます。

そして、イクオは警察官になります。

事件をもみ消した警察に復讐するために、警察官になったイクオ。

竜哉は、暴力団松江組の幹部になっていました。

竜哉も事件の真相を探るために闇の世界に入り込んでいました。

二人は警察と暴力団という相対する組織に属して結子先生を殺した犯人を見つけるために必死で探るのです。

そして結子先生殺しの真犯人である北川への復讐を果たしたイクオと竜哉ですが北川殺しの容疑で追われる身となりました。

そして警察に追い詰められた二人は崖から飛び降ります。

二人の遺体は見つからず。

しかし、美月の危機に助けが。それにより二人が生きていると確信します。

以上がウロボロスのあらすじです。

続いて本題でもある、ウロボロスの最終回(最終話)ネタバレを見ていきましょう!

 

【漫画】ウロボロスの最終回ネタバレ

単行本が24巻までリリースされているウロボロス。24巻に最終回が収録されています。

果たしてどのような最終回を迎えるのか?

早速ネタバレを見ていきましょう(^^)

〜ウロボロスの最終回ネタバレここから〜

最終回は、結子先生殺しの真犯人である北川にたいする復讐を果たしたイクオと竜哉が北川殺しの容疑で追われます。

警察に追われていますが、結子先生が最後の時を迎えた式ノ裏島へと向かいます。

結子先生のお墓参りをして、そして二人で心中することでした。

しかし、日比野美月は式ノ浦島で二人はくると待っていました。

そして、イクオとタツヤに自首を進めます。

しかし、そこに警察がかけつけます。復讐を果たした二人は美月を人質にして射殺を逃れて崖の上から飛び降ります。

その後捜索が続きましたが、二人の遺体はあがりませんでした。

それから年月が過ぎて、美月は警察官として働いていました。

そして、別の事件を抱えていました。

イクオから預かったウロボロスのネックレスをしたまま、仕事にうちこんであます。

現在の相棒である小池と事件を調査する美月。

しかし、小池はその事件の犯人の共犯でした。

美月も抵抗しますが、その時に気を失ってしまいます。

その時に、警察官の悪事が無くならないことを嘆く二人の姿があります。

その後目覚めた美月は、首元にあったネックレスがなくなっている事に気づきます。

そして、龍崎イクオと段野竜哉の生存を確信したところで、最終回は終了します。

〜ウロボロスの最終回ネタバレここまで〜

以上がウロボロスの最終回(最終話)ネタバレです!

ハラハラドキドキの展開でしたが、イクオと竜哉の生存を確信できたのは一安心という感じ。

ただ、なんだか切なさを感じる終わり方になりましたね。

 

【漫画】ウロボロスの最終回を無料で読むなら

ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-は単行本が24巻までリリースされています。

先ほどは24巻に収録されている最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが…

文字だけだとやっぱり、面白みに欠けますよね(^^;)

そんな時に活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえ、さらに31日間のお試し期間もあります。

お試し期間中に解約すれば費用はかかりません。

実質無料でウロボロスを読めるので、ぜひお試しください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでウロボロスを読む

 

 

【漫画】ウロボロスの最終回を読んだ感想

追い詰められた二人がどうなるのか、本当にドキドキしました。

警察官になったことで、復讐についていろいろ悩んでいた様子のイクオと復讐に燃えている竜哉。

でも何十年もの間復讐を誓いあってそして、復讐を遂げた二人の姿に何とも言えない気持ちになりました。

そのあと警察官に追い詰められて、崖から墜ちた時には本当にいなくなってしまったとかと思ってしまいました。

実際には二人は生きていて安心しました。

あのままではさすがに悲しすぎだなと感じていたので。

でも、やはり全体的にストーリーは切ないものでした。

見終わったあとも何とも言えない気持ちになりました。

ストーリーは悲しすぎましたが、せめて生きていたことだけは良かったなと感じました。

【漫画】ウロボロスの最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】ウロボロスの関連作品をご紹介

ウロボロスはドラマ化されています。

龍崎イクオ役に生田斗真さん。段野竜哉役に小栗旬さんがされていました。

放送期間は2015年1月〜3月まで。

役柄にとても合ってあるなというのが印象にあります。

また、日比野美月警部補役には上野樹里さんがなっていました。

真面目でしっかりした警察官役がピッタリだなとすごく感じました。

二人の鬼気迫る演技もとても見所があるので面白いと思います。

ちなみに現時点では、ウロボロスのドラマ版は動画配信が行われていません。

ですが、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)にてレンタルされているので、気になる方はチェックしてみてください(^^)

↓30日間無料お試し期間あり↓ TSUTAYA DISCASでウロボロスを無料レンタル

 

まとめ

漫画「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」のあらすじや最終回ネタバレ、無料で読む方法などを紹介してきました。

全24巻の単行本だけでなく、ドラマ版も楽しめる作品になっています。

ドラマ版の配信は行われていませんが、漫画はU-NEXTで配信されているので、ぜひチェックしてください♪