5時限目のゲストは矢野茜、めちゃくちゃかわいい女の子を描くコツを披露

TVアニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」でキャラクターデザイン・総作画監督を務めたアニメーターの矢野茜さんが5時限目のゲストとして登場。

足立部長をモデルに、めちゃくちゃかわいい女の子を描くコツを披露するものの、その中身はじつはおっさんだった!?

5時限目:「ネトゲの嫁」キャラデザ・矢野茜!
女の子をかわいく描く、極意とは!?

■加藤くんが描いた足立部長の似顔絵に矢野さんが放ったひと言とは!?

「できた!」

部室で熱心に足立部長の似顔絵を描く加藤くん。

できあがりを見た足立部長はあまりに個性的なそのイラストに唖然…。

そこへ桃井先生と共にやってきた矢野さんが放ったひと言とは?

■アニメーターのお仕事とは?

作画監督、原画マン等々、細分化されているアニメーターのお仕事。

それぞれがどんな役割を果たして1つのアニメ作品が完成しているのか、

矢野さんがわかりやすく解説してくれます。

■週1回の放送に向けたアニメーターの過酷な作業から起こる「作画崩壊」

週に1回の放送へ向けて、迫りくるスケジュールに追われて作画をおこなうアニメーター。

スケジュールや予算の関係など、様々な要因で「作画崩壊」につながってしまうこともあるんだとか。

そして、そんなところも愛おしいと語る桃井先生のアニメへの愛。

■矢野さんがアニメーターを志すきっかけとなった、あるアニメ作品とは!?

小学生の頃は漫画家を目指していたという矢野さん。

アニメーターへの道を目指したきっかけとなったあるアニメ作品をみんなで鑑賞します。

■「ネトゲの嫁」ヒロイン・玉置亜子のキャラデザはおっさん目線で作られた?

ひきこもりがちでズボラ、でもナイスボディな「ネトゲの嫁」ヒロインの玉置亜子。

そのキャラデザは矢野さんのおっさん目線から作られていた!?

■足立部長をモデルにキャラデザができるまでの制作過程を披露

足立部長のモデルにしたイラストを描いてきてくれた矢野さん。

その制作過程を披露します。

さらに、「アニメーターになるために必要なこと」をアドバイス。

次回もお楽しみに!

矢野 茜(アニメーター)

アニメーター。TVアニメ「ニセコイ」「グリザイアシリーズ」などの作品で原画、作画監督を担当したのち、2016年にTVアニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」で初のキャラクターデザイン・総作画監督を務める。その繊細なタッチで描かれるキャラクターでアニメファンから支持を集める若き人気アニメーター。