49時限目のゲストは流田Project!アニソンカバーの魅力から、その選曲の秘密までを徹底的に語りつくします

その圧倒的演奏力とパフォーマンスでアニソンカバーバンドとしての地位を確立している流田Project。アニメ音楽をバンドアレンジでカバーし、 動画系サイトでは累計30,000,000回以上(2016年1月現在)の再生数を叩き出しています。これまでにTVアニメ「聖闘士星矢Ω」 新章「新生聖衣(ニュークロス)編」の主題歌、TVアニメ「トリアージX」主題歌などを担当し、2016年8月に4年ぶりとなるカヴァーアルバム、TVアニメ「ラブライブ!」の楽曲を集めた「流’s the COVER」をリリース。さらに2018年1月にはアニソンカバーベストアルバム「流田PPPH」をリリース。チープでコミカルな仮面姿からは想像のつかないギターロックサウンドで、 ライブハウスでのワンマンライブツアーや アニメ音楽イベント、ロックフェスなど精力的に活動中。カバー楽曲、オリジナル楽曲共に 流田Projectという唯一無二なバンドによるサウンドは、アニソンファンはもちろんのこと、ギターロックファンの注目も集めています。

49時限目:「アニソンカバー特集!」
アニメソングをバンドサウンドに変えるアニソンカバーの雄・流田Project。
「カバーの極意」を徹底解説!
そして、カバーすることで見えてくるアニソンの魅力とは!?
さらに、影のフィクサー・流田兄が、アニソンを選ぶ基準と流田Projectの未来を公開!

「ギャア~~~~~!!」アニカル部!部室に響く加藤くんの甲高い悲鳴。いったいどうした!?その視線の先には謎のマスク姿の人物が。あ、足立部長!?そして桃井先生まで!さらに謎のマスク4人組が!? ギャア~~~~~!!

■アニソンカバーの魅力とは?

これまでカバーされてきたアニソン、カバーしてきたアーティストをサクッと紹介。メンバーが気になる過去のアニソンカバー、アニソンの魅力とは?

■桃井先生もアニソンカバーしているのをご存じ?

アニカル部!が誇るアーティスト、桃井先生もアニソンをカバーしているのをご存知でしょうか?その楽曲とはあのアニメのあの曲!

■流田Projectを一躍有名にした動画をご紹介

今回の名誉部員は謎の仮面4人組ロックバンド「流田Project」。動画系サイトでは累計30,000,000回以上(2016年1月現在)の再生数を誇る人気バンドです。まずは、彼らを一躍有名にした動画をご紹介。仮面のクオリティが違いすぎる!

■アニソンバンドを始めたきっかけとは

流田Projectがアニソンバンドを始めたきっかけには、メンバーのお兄さんからのアドバイスがあったとのこと。その内容とは?

■アニソンカバーの極意!原曲と聴き比べてみた

アニソンカバーをするときの極意とは?バンドならではの細かいこだわりがあるようです。そこで、原曲と流田Projectのカバーを聴き比べてみることに。取り上げるアニソンは?

■アニソンカバーはタイミングが大事?

「アニソンカバーはタイミングが大事」だという彼ら。いったいどういうことなのでしょうか。

■影のフィクサー・流田兄との接触に成功!「流田Projectの未来年表」を公開

バンドを操る影の人物・流田兄。アニカル部!では今回、コンタクトを取ることに成功!「アニソンを選ぶ基準」「今気になってる曲」を教えてもらいました。さらに「流田Projectの未来年表」を公開!

そして、年表の中にあった「アニカル部!で演奏するコーナーを担当」を実行することに!

あの名曲をアコースティックでカバーします。足立部長、加藤君、桃井先生も思わずノリノリでセッション!? さらに番組の最後には流田Projectからニューアルバム、そしてツアーのお知らせも!

次回もお楽しみに!

流田Project(アーティスト)

謎の仮面4人組ロックバンド。
アニメ音楽をバンドアレンジでカバーし、 動画系サイトでは累計30,000,000回以上(2016年1月現在)の再生数を叩き出している。
2013年TVアニメ「聖闘士星矢Ω」 新章「新生聖衣(ニュークロス)編」の主題歌。
2014年4月TVアニメ「ドラゴンコレクション」主題歌、挿入歌。
2015年4月TVアニメ「トリアージX」主題歌
2016年8月に4年ぶりとなるカヴァーアルバム、TVアニメ「ラブライブ!」の楽曲を集めた「流’s the COVER」をリリース。
2018年1月にはアニソンカバーベストアルバム「流田PPPH」をリリース。
チープでコミカルな仮面姿からは想像のつかないギターロックサウンドで、 ライブハウスでのワンマンライブツアーや アニメ音楽イベント、ロックフェスなど精力的に活動中! カバー楽曲、オリジナル楽曲共に 流田Projectという唯一無二なバンドによるサウンドは、 アニソンファンはもちろんのこと、ギターロックファンの注目も集めている!