【映画】天気の子を観た感想(ネタバレあり)と抑えておきたい見どころ

2019年7月19日より上映された新海誠監督の最新作のアニメ映画「天気の子」

公開日にすぐ映画を見に行ってきたので観た感想と、これから見に行くなら抑えておきたいと思った見どころをまとめておきます!

前作「君の名は。」は千と千尋の神隠しに次ぐ興行収入を記録して、アニメ史に残る大ヒット映画となったので、天気の子はすごく期待が大きい映画じゃないでしょうか。

その期待は裏切らない内容でしたよ!

それでは、天気の子のあらすじから紹介していきます。

天気の子のネタバレを含んでおりますのでご注意ください。

 

映画「天気の子」のあらすじ

感想の前に最初に天気の子のあらすじをまとめておきます。

森嶋帆高は、家出をして上京してきた高校1年生。

仕事を探しますが、雇ってもらえるところなどなく、仕方なく道中で出会ったライターの須賀圭介を頼ります。

こうして、都市伝説の記事を作成する事務所の雑用係として働くことになった帆高。

アシスタントとして取材に赴いたり、家事をこなしたり、記事を書いたり……

忙しくも充実した毎日を送る中、天野陽菜という女の子と出会います。

陽菜には、祈るだけで晴れにすることができるという不思議な力を持っており、「100%の晴れ女」という異名を持っていました。

全く接点のなかった二人ですが、この出会いが後の運命を大きく変えることに。

降り止まない雨が続く東京を舞台に繰り広げられる甘酸っぱい青春のボーイミーツガール。

あらすじを読んだだけなら、どんな流れで物語が進んでいくのかわかりませんよね。

映画を見に行く前に「結局どんな作品なんだろう?」と思いながら観ましたが、観たあとに感じたのは天気の子も君の名はに似た感じかな?と。

なので、君の名はが楽しめたのであれば天気の子も十分に楽しめる内容だと思います!

では続いて、映画の見どころをまとめていきます。

ただ、軽いネタバレが入ってしまいますので、ネタバレは絶対に嫌だ、という場合は読み飛ばしてもらえればと思います。

 

映画天気の子の見どころ

映画見どころ①都会の風景を瑞々しく描いた圧倒的な映像美

やっぱり新海誠監督の作品は映像美がすごいですが、天気の子も相当きれいな映画でした。

今回のアニメの舞台は、大都会・東京。

新宿、田端、お台場、六本木など見覚えのある風景が多く描かれています。

冒頭では、帆高が新宿の歌舞伎町で彷徨いますが、雑居ビルの看板や通行人、道端のゴミに至るまで細部が綺麗に描かれており、その圧倒的な映像美に息を呑みました。

新海誠といえば、雨の描写に定評のある監督ですが、今回はその技量を余すことなく発揮できたのではないでしょうか。

降り注ぐ雨、地面に落ちて飛び散る飛沫、雨雲の切れ目から指す光――。

どの風景もリアルで、しかし実際に見るよりも美しく、こんな綺麗な世界を生み出せる新海誠監督の才能には脱帽してしまいます。

圧倒的な映像美をぜひその目でご覧になってみてください。

映画見どころ②帆高と陽菜の甘酸っぱい恋愛

家出少年・帆高と100%の晴れ女・陽菜の甘酸っぱい恋愛にも注目です。

新海誠監督といえば、少年少女の初々しい恋愛が定番ですが、今回の映画にもそれは健在。

高校1年生の帆高は、色恋沙汰には少し初で、ちょっとしたことで顔を赤らめます。

初めて陽菜の家を訪ねたときも、女子の家に入ることに赤面。

陽菜の誕生日プレゼントも店頭で3時間も迷うほどでした。

純粋で一途な帆高に、陽菜もまんざらでもなさそう。

陽菜に告白することを決意する帆高ですが、そんな二人の前に悲しい宿命が立ちふさがるのでした。

二人の恋は成就するのか、ぜひその目で確かめてください。

映画見どころ③「君の名は。」のキャラクターも登場

新海誠監督の前作「君の名は。」に出てきたキャラクターが登場します!

ストーリーの本筋には絡んできませんが、少しだけセリフが用意されていました。

登場するのは、「私達、入れ替わってる!?」というセリフでおなじみの立花瀧と宮水三葉。

前作から何年か経っているようで、大人になった二人を見ることができます。

「君の名は。」を見たことがある人なら、一目見て気づくことでしょう。

どこで登場するのか、ぜひ探してみてください。

 

天気の子感想

最後に、天気の子を見た感想をまとめておきます。

ネタバレが入っておりますので、ご注意ください。

美麗すぎる作画にうっとり

さすが新海誠監督、今回も作画の暴力でした。

特に背景の書き込みが凄く、よくここまで描いたな…と思うようなシーンばかりでした。

東京を舞台にしており、高層ビルや雑居ビル、下町の家屋などの建築物の背景がほとんど。

上空から俯瞰した東京や、パノラマのように一回転した背景もありました。

そのどれもが美しく、描き手によってこうも印象が変わるのかと驚きました。

また、雨の描写もとても良かったです。

窓に付いた水滴や、飛び跳ねる水滴など、細部まで描き込まれていました。

雨のシーンが多い「言の葉の庭」でも思いましたが、新海誠監督は雨を描くのが非常に上手いです。

芸能人起用の声優

主役の帆高と陽菜を始め、須賀圭介や夏美なども芸能人声優が起用されていました。

やはり本業が声優ではないので、声の演技は微妙。

しかし、素人っぽい演技が逆にリアルでいい味を出していたと思います。

しかし、そんなジブリ声優達の中で異彩を放つ演技の声が。

須賀圭介役の小栗旬です。

芸能人以外にも、梶裕貴や花澤香菜など有名声優も出ていたので、てっきり須賀圭介の声も大御所声優が当てているのかと思っていました。

そのため、エンドロールで小栗旬の名前を見たときはびっくりしました。

ちょっといい加減でアウトローなおっさん役を見事に演じていました。

二転三転するストーリー

都会で出会った100%の晴れ女とお天気ビジネスを始めた矢先に、謎の組織に連れ去られてしまい、助けに行く。

天気の子の予告編を見たとき、こんなストーリーになるんじゃないかと予想していました。

新海誠監督も、一度そんなシナリオを書いてみたらしいですが、スタッフに不評でボツになったのだとか。

都会で出会った100%の晴れ女とお天気ビジネスを始める。

ここまでは合っていましたが、その後のストーリーは、二転三転する展開で楽しめました。

ただ、その二転三転する構成は人によっては違和感になるかもしれません。

実際、観終わったあとにネット上で評価を調べてみましたが、構成が微妙という声もありました。

祈るだけで晴れるという奇跡の力には、代償が伴い、やがて陽菜の運命を狂わせていきます。

帆高は、そんな陽菜を助けようと一生懸命で、そのひたむきさに胸を打たれました。

世界の真実に触れた帆高が、世界と陽菜どちらを選ぶのか。

結末はぜひ自身の目で確かめてみてください。

「天気の子」は「君の名は。」を超えられるか

歴史的ヒット作となった前作「君の名は。」ですが、「天気の子」はその記録を超えられるのでしょうか?

公開3日目に行きましたが、劇場はほぼ満員でその人気っぷりがうかがえました。

しかし、「君の名は。」と「天気の子」どちらが面白かったかと聞かれると、「君の名は。」だと思います。

こちらの予想を越えてきた「君の名は。」に対し、「天気の子」は見ていてある程度展開が読めてしまいます。

終盤のクライマックスシーンで仲間が駆けつけてくる場面も、ご都合主義的でやや強引な感じがしました。

至る所で実在する商品やサービスが出てくるので、CMを見せられているようにも感じました。

前作が売れた分、付くスポンサーも増えて、配慮しなければならなくなったのでしょう。

今回は万人受けを狙い、スポンサーに配慮した無難なストーリーにまとまったという印象です。

 

まとめ

新海誠監督の最新作「天気の子」は、甘酸っぱい恋と青春が詰まったひと夏の物語でした。

圧倒的な画力で描いた雨の描写や、芸能人を起用した声優の演技など見どころは満載。

前作「君の名は。」に出ていたキャラクターも少しだけ登場します。

まだ新海誠監督の作品を見たことがない人はぜひチェックしてみてください。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで新海誠監督作品の動画を見る