【漫画】屍鬼の最終回ネタバレと感想や無料で読む方法

ジャンプスクエアにて連載されれいた漫画「屍鬼(しき)

連載期間は2008年1月号から2011年7月号まで。

単行本は全11巻となっています。

ここからは屍鬼のあらすじや最終回(最終話)のネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに、無料で読む時はU-NEXTというサービスを活用します。

無料会員登録で600円分のポイントがもらえるので、実質無料で屍鬼の最終回(11巻)を読むことができますよ(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで屍鬼を無料で読む

 

【漫画】屍鬼の最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずは屍鬼のあらすじをチェック!

屍鬼のあらすじが次の通りです。

物語の舞台は周囲を山々に囲まれた外場村という小さな村です。

この村に大きな館が立ち、謎の人物が村に引っ越してくるところから始まります。

この館が建ってからというモノ、村では変死が相次ぎ村人たちは恐怖のどん底に陥れられます。

変死の原因は館のモノたちの仕業であり、館に越してきた人物の正体は死鬼と呼ばれる吸血鬼に近い種族のモノたちでした。

屍鬼に殺された人間の何割かは屍鬼として蘇り、生者を殺して自分たちの仲間を増やそうと行動します。

村人と屍鬼の存亡を賭けた戦いの火蓋が今切って落とされます。

以上が屍鬼のあらすじ。

続いて本題でもある、屍鬼の最終回(最終話)ネタバレを詳しく見ていきます!

 

【漫画】屍鬼の最終回ネタバレ

単行本が全11巻となっている屍鬼。

果たして最終回である11巻では、どのような結末が描かれているのか?

早速、最終回のネタバレを見ていきましょう!

〜屍鬼の最終回ネタバレここから〜

屍鬼は夜行性の生き物で、夜しか起きていられず朝になったら絶対に寝てしまうと言う致命的な弱点を持っています。

屍鬼と村人たちの戦いの末、屍鬼は絶滅の危機に追いやられます。

配下のモノたちが次々と殺されていく中、屍鬼のリーダー沙子は死にたくない..と生を強く懇願するようになります。

砂子はか弱い少女の体を持った屍鬼で、最後の配下を倒されついに村人の刃が砂子に襲い掛かろうとしたその瞬間..主人公の静信が砂子を守り、砂子を殺そうとした人間を殺害しました。

静信は人間でしたが、砂子と仲が良く、交流を重ねるうちに砂子を守りたいと考えるようになります。

砂子を守る中で静信は人間に殺されてしまったのですが、人狼という屍鬼を守る存在として蘇り、砂子の窮地を救ったのです。

仲間を全員殺され住処も失い一人ぼっちになってしまった砂子は死にたいと死を懇願しますが、静信がソレを許しません。

静信は砂子を諭し、砂子を守りながら生きてゆくことを告げます。

外場村に火の手が回り、村は全焼し焼け落ちてしまいました。

砂子と静信は焼け落ちる村から逃げ延びることに成功し、都会に身を潜めます。

結末としては静信と砂子は2人でひっそりと生きてゆくことを決意し、都会の喧騒の中に消えてゆくのでした。

〜屍鬼の最終回ネタバレここまで〜

以上が屍鬼の最終回(最終話)ネタバレです!

 

【漫画】屍鬼の最終回を無料で読むなら

全11巻で完結となっている漫画「屍鬼」

先ほどは最終回(最終話)のネタバレを見てきましたが、文字だけだとどうしても面白みが半減しますね。

せっかくならイラスト付きの漫画で読みたいところ。

そこで活用したいサービスが「U-NEXT」です。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえるサービス。

さらに31日間のお試し期間があり、この期間中に解約すれば費用は一切かかりません。

つまり、実質無料で屍鬼の最終回(11巻)を読むことが出来るんです(^^)

まだU-NEXTを使ったことがない方は、この機会にぜひお試しください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで屍鬼を無料で読む

 

 

【漫画】屍鬼の最終回を読んだ感想

物語の元凶は砂子でしたね。

砂子が外場村にやってきた理由は、外場村の人間を全員殺して屍鬼にしてしまい、自分たちの安全なコミュニティーを築き上げるという目的でした。

砂子に殺され、屍鬼となった村人。

自分の大切な人達を殺さなくてはいけなくなり、身内同士で身を切るような心情で、殺し合いをすることになってしまいました。

結果屍鬼は敗北し、屍鬼となった人たちは砂子を除いて全員が死亡。

屍鬼となった村人は2度も死を経験することになったのです。

この物語の終盤は狂気に満ちていて、動けなくなった屍鬼たちを人間たちが殺戮していくという描写があります。

最初は屍鬼を殺すことに躊躇いを見せていた人間たちも最後は、殺すことが作業になってしまいます。

ただ淡々と歌を口ずさみながら屍鬼を殺していくのには恐怖を感じ、現代のホロコーストに通じるものがあると感じました。

皆が非業の死を遂げた中、元凶の砂子だけが生き延び、静信とひっそりと生きてゆく..という結末は他の登場人物たちにとっては胸糞悪い展開だな..と思いました

ただ、私は砂子が好きなので、砂子が無事生き延びて幸せになってくれてよかったです。

【漫画】屍鬼の最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】屍鬼の関連作品をご紹介

この漫画の原作は上下編構成の小説。

一冊の厚さが辞書ほどもある超大作です。

この作品は近代ホラー小説の金字塔と呼ばれており、私としても絶対に呼んで損はない作品だと思います。

屍鬼は小説とその他のメディア作品でストーリーの展開が少し異なっています。

小説ではある重要キャラクターの一人が中盤で死亡し、そのまま物語から退場してしまいます。

ですが、漫画では彼は人狼として復活し、終盤に活躍を繰り広げるなどの違いがあります。

小説は読むのにかなりの時間が必要になりますが、屍鬼という作品にのめり込むことができますよ(^^)

また屍鬼は、アニメ化もされています。

U-NEXTなどでは配信されていないものの、ツタヤディスカスを使えば自宅にいながら屍鬼のDVDをレンタルできます。

無料お試し期間もあるので、ぜひ活用してみてください♪

↓30日間無料お試し期間あり↓ TSUTAYA DISCASで屍鬼を無料レンタル

 

まとめ

単行本が全11巻の漫画「屍鬼」

とてもコンパクトにまとまっているので、さくさく読み進められる漫画です。

U-NEXTなどを使えば実質無料で読めるので、気になる方はぜひ活用してください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで屍鬼を無料で読む