【アニメ】咲の4期(全国準決勝・決勝編)の放送はいつ頃か最新情報まとめ

麻雀×女子高生×異能バトル!

異色のテーマで話題を集めた「咲−Saki−」は2009年4月に初めてアニメ化された後、2012年、2014年にも続編がアニメ化され、計3作品の放送がされた人気シリーズです。

2016年にはMBS/TBSドラマイズム枠にて浜辺美波さん主演で実写ドラマ化もされました!

しかし、2015年にコミックス14巻の初回限定特典としてOVAが作成されたのを最後に、新規のアニメ映像化は未だありません。

ファン待望の4期(全国準決勝・決勝編)はいつ放送されるのでしょうか?

最新情報から咲4期の放送について考察しました!

 

アニメ「咲−Saki−」1〜3期をおさらい

まずはアニメ「咲−Saki−」1期から3期までの内容や放送時期をご紹介します。

アニメ「咲−Saki−」1期〜3期の放送時期

アニメ「咲−Saki−」の放送時期はこちら

  • 1期:2009年4月5日 – 9月28日(全25話)
  • 2期:2012年4月8日 – 7月1日 (全12話)
  • 3期:2014年1月5日 – 4月6日 (全13話)

アニメ制作はStudio五組。

「きんいろモザイク」「結城友奈は勇者である」で有名なスタジオですね。

ここでは第2期として紹介していますが、2012年に放送された「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」は第1期の続編ではなく、本編とは別軸のサイドストーリーになります。

本編と別に連載され、作画を別の作家が担当している外伝作品「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」を原作としています。

第3期では第1期の直接の続編である全国編が描かれました。

アニメ「咲−Saki−」1期〜3期の原作情報

アニメでの放送内容は原作コミックと照らし合わせると下記のようになります。

  • 1期:1巻〜6巻
  • 2期:外伝作品1巻〜最終巻
  • 3期:7巻〜11巻

第1期では19話目で当時の原作エピソードを全て消化したため、20話から最終話の25話まではアニメオリジナルストーリーの個人編となりました。

アニメ「咲−Saki−」3期の最終回は?

ここで3期アニメ「咲−Saki−全国編」の最終回を思い出してみましょう。

咲の活躍により2回戦を勝ち抜き、準決勝へと進出した清澄高校。
宿に戻って一休みした咲は夢の中で幼い頃の思い出を見る。
一方、花田先輩の試合を観戦しようと思っていた和は、Aブロックの準決勝で対局中の幼馴染、玄の姿を目にした。
旧友は約束を守ってくれたのだ。
まこから渡された阿知賀女子のオーダーに憧と穏乃の名前があることを確認し、決勝で会う事を誓い会場に走っていく。
その後、阿知賀女子は決勝進出が決定。
いよいよ清澄高校の準決勝戦、第二試合が開幕する。
強豪揃いの各校先鋒の選手たちが卓についた……。

2回戦終了から準決勝開始直前までの流れを、原作で描写のなかったシーンや補足を追加して描いており、とても見ごたえがありましたね。

これからが本番!というところで4年間もお預けなのはファンにとって苦しいです……。

2017年の実写化を受け、新規ファンも増加しただろう今、アニメ4期の放送が待望されています。

 

アニメ「咲−Saki−」BD・DVD売上状況

さて、ここまでアニメ「咲−Saki−」1期〜3期の内容や原作情報のおさらいをしてきましたが、ここからが本題です。

アニメの続編が制作されるかどうかは、BD・DVDの売上状況により左右されるのです。

そこで、気になるアニメ「咲−Saki−全国編」のBD・DVD売上データを調べました。

○咲-Saki- 全国編 【全7巻】
巻数   初動     2週計    発売日
BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 4,743(*,337) 5,819(*,***) 14.03.19 ※合計 6,156枚
02巻 3,731(*,264) 4,408(*,***) 14.04.16 ※合計 4,672枚
03巻 3,728(*,280) 4,130(*,***) 14.05.21 ※合計 4,410枚
04巻 3,522(*,260) 3,946(*,***) 14.06.18 ※合計 4,206枚
05巻 3,429(*,***) 3,867(*,***) 14.07.16
06巻 3,476(*,***) 3,862(*,***) 14.08.20
07巻 3,438(*,302) 3,903(*,***) 14.09.17 ※合計 4,205枚引用元: http://dvdbd.wiki.fc2.com/m/wiki/咲-Saki-

一般的に、アニメ業界において続編制作が決定されるのは、1巻の初動売上が5000枚を超えた場合といわれています。

アニメ「咲−Saki−全国編」は6156枚!

ボーダーは超えていますが、ちょっとギリギリですね……。

ちなみに1期の売上平均枚数は約7000枚、2期は約4500枚。

シリーズものの宿命か、売り上げ枚数は減少してしまっています。

売り上げだけで続編制作が決まるという訳ではありませんが、続編への期待の気持ちを伝える手段として、BD・DVDの購入は効果がありそうです。

それでも、売上的に見ても続編の4期が製作される可能性はあるでしょう。

 

「咲−Saki−」原作のストック状況

原作コミック「咲−Saki−」は2019年5月現在もヤングガンガンにて連載中。

単行本は2019年5月現在で19巻まで発売されています。

アニメ「咲−Saki−全国編」では11巻のラストまでが描かれましたので、4期を制作できるストックは7巻分となりますね。

ですが、実はこの7巻分、主人公たち清澄高校のキャラクターの出番はほとんどなく、他校の試合(5位決定戦)がメインとなっていました。

そのため、アニメ化の際には省かれてしまう可能性もあります。

主人公たちの活躍が描かれるだろう決勝戦が原作で終わってからのアニメ化、というのが現実的ではないでしょうか。

ただし、外伝作品は4作品ほどあり、そちらも魅力的なストーリーです。

<咲の外伝まとめ>

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A
シノハユ the dawn of age
立-Ritz-
怜-Toki-
※他にも咲日和や染谷まこの雀荘メシもありますが、ここでは伏せておきます

もしかしたら2期の時のように、外伝作品が先にアニメ化するかもしれませんね。

とくに可能性として高いのは「シノハユ」と「怜」はアニメ化の可能性は高いと思います。

 

アニメ「咲−Saki−」4期の放送時期と内容予想

アニメ「咲−Saki−」4期の放送時期について、色々と調べてきましたが、結論としては早くても5年後ではないかと思います。

理由は、アニメ化にあたって区切りの良い決勝戦終了までを描くと思われるため。

そして、決勝先鋒戦が18巻の最後から19巻でもまだ終わっていません。

まずは原作の進展を待つ形になりそうですが、原作の刊行ペースは約半年〜1年に1巻。

(2018年10月25日に18巻が発売。19巻は2019年05月25日の発売予定)休載も多いため、決勝戦の終了がいつになるのか分かりません。

そのため、アニメ咲4期の全国決勝編が放送されるのは数年後先となるでしょう。

アニメ「咲」準決勝編が先にアニメ化?

決勝編がアニメ化されるのは数年後先になるかと思います。

ただ、準決勝編と5位決定戦編だけがアニメ化されて4期となる可能性はありますね。

その場合、いつ頃の放送になるかですが、準決勝編の4期の製作発表はいつあってもおかしくないでしょう。

また、もしかしたら本編のアニメ化の前に、「シノハユthe dawn of age」などの外伝作品のアニメ化があるかもしれませんね!

 

まとめ

アニメ「咲−Saki−」の4期放送はいつ頃か、売り上げ状況や原作ストック状況などの最新情報をもとに考察してきました。

DVD・BDの売上状況は、続編制作のボーダーラインを超えており、続編制作の可能性は残っています!

原作で決勝戦が終了すればアニメ化するのではないでしょうか?

ただ、今の原作刊行ペースだと、早くても数年後となりそうですね。

もしくは

準決勝・5位決定戦が先に4期としてアニメ化
シノハユや怜の外伝がアニメ化

という可能性も高いかと考えます。

外伝はどちらも非常に面白いので、読んだことがない場合はおすすめです。

シノハユや怜の漫画を無料で読む

シノハユや怜の漫画を読んでみたい場合はU-NEXTの電子書籍を利用するとお得です。

無料お試し期間があり、600ポイントが登録直後にもらえるので今すぐ漫画を読むことができますし、咲のアニメも見放題で配信されているので咲シリーズを楽しむことができますよ。
U-NEXTでシノハユや怜の漫画を無料で読む

その他、アニメの見放題も多いので興味があればチェックしてみてください。