映画「天気の子」の森嶋帆高について解説!声優の醍醐虎汰朗についても紹介

2019年7月19日より上映された新海誠監督の最新作のアニメ映画「天気の子」。

この記事では、その主人公である森嶋帆高のプロフィールや性格についてご紹介します。

声を演じた醍醐虎汰朗についても併せてご紹介していきます。

 

天気の子の主人公:森嶋帆高とは?

森嶋帆高は映画「天気の子」の主人公。

とある島からフェリーに乗って上京してきました。

実は家出をしてきており、身分証なしで働こうとする無謀なところも。

ここでは、そんな森嶋帆高のプロフィールや性格について、ご紹介していきます。

森嶋帆高のプロフィール

年齢:16歳
出身地:神津島
家族構成:父・母

森嶋帆高は、高校1年生の16歳。

出身地については、映画内で言及されていませんでしたが、神津島である可能性が高いようです。

映画内で出てきた建物が神津島に存在することから、既に聖地巡礼に出ている人も。

映画に両親は出てきませんでしたが、「捜索願いが出されている」と家出した帆高を心配している描写がありました。

兄弟がいるという話もなかったので、一人っ子だと思われます。

島育ちの素直な性格。男らしい一面も

島育ちのためか、斜に構えたところがない素直な性格です。

しかし、それが仇となり、利用されてしまう場面も。

須賀にたかられ、言われるままに奢ったり、Yahoo!知恵袋の投稿を真に受け、キャバクラのボーイの面接を受けに行くなど。

しかし、ひどい目にあっても純粋な心を忘れないところが帆高の良いところでしょう。

意外と喧嘩っ早い!?

警察から逃げるため全力で抵抗したり、ヤクザに銃を向けたり。

意外と帆高は喧嘩っ早いです。

その根底には大切なものを守りたいという想いがあり、強い意志に心を動かされてしまうことでしょう。

意外とインテリ!? ITに強い一面も

須賀の元で働くことになった帆高ですが、いきなり頼まれた記事のライティングで文章力を褒められます。

更に、陽菜とお天気ビジネスを始めるにあたり、数時間でホームページを完成させてしまいます。

帆高はPCに強く、勉強もそこそこできるようですね。

恋にはちょっぴり鈍感

恋愛に関しては、指摘されるまで自分の気持ちに気づかないほど鈍感。

しかし、一度自覚してからは、告白しようとするなど男を見せます。

終盤では、全力で陽菜を守ろうと必死な姿が多く、そのひたむきさに胸を打たれました。

天気の子の感想は下記の記事でまとめてありますので興味があればチェックしてみてください。

関連記事

2019年7月19日より上映された新海誠監督の最新作のアニメ映画「天気の子」 公開日にすぐ映画を見に行ってきたので観た感想と、これから見に行くなら抑えておきたいと思った見どころをまとめておきます! 前作「君の名は。」は千と千尋の[…]

 

声優は醍醐虎汰朗

森嶋帆高の声を担当するのは、醍醐虎汰朗さん。

なんと2000人もの候補者の中からオーディションで選ばれたそう。

本業は俳優で、舞台を中心に活躍しています。

醍醐虎汰朗のプロフィール

生年月日 2000年9月1日
出身地  東京都
事務所  エーライツ

醍醐虎汰朗さんは、エーライツに応募し2016年より俳優活動を開始しました。

2017年には、「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜スタートライン〜」の主役に抜擢され、俳優としての才能を見出されます。

2019年現在まだ18歳と若く、期待の若手俳優として注目されています。

醍醐虎汰朗の出演作品一覧

年代 出演作品 役名
2017年2月 舞台「弱虫ペダル」新インターハイ篇〜スタートライン〜 小野田坂道
2017年6月 映画「兄に愛されすぎて困ってます」 山田先輩
2017年10月 テレビドラマ「先に生まれただけの僕」 梅本満
2017年10月 舞台「弱虫ペダル」新インターハイ篇〜ヒートアップ〜 小野田坂道
2018年3月 舞台「弱虫ペダル」新インターハイ篇〜箱根学園王者復格(ザ・キングダム)〜 小野田坂道
2019年7月 映画「天気の子」 森嶋帆高

2017年に舞台「弱虫ペダル」の主役に抜擢されて以来、映画やドラマを中心に活躍している醍醐虎汰朗さん。

デビューしてから、まだ2年ほどしか経っていないので、出演作品数も少なめです。

しかし、まだ10代という若さで映画やドラマに出演しているので、歳を重ねていく中で、今後大きく化けるかもしれません。

森嶋帆高の演技はどうだった?

16歳の男子高校生らしい若々しくフレッシュな演技が良かったです。

やはり本業が声優ではないこともあり、現役声優と比較してしまうと見劣りする部分は多々ありました。

しかし、聞き取りにくい単語もなく、ハキハキと喋っていたので、映画を見るうえで不快に感じることはなかったです。

ちょっと低めのいい声質なので、磨けば光るダイヤの原石ではないでしょうか?

更に、声を張った時のちょっと裏返った感じの声が、一生懸命な帆高らしい感じがしました。

クライマックスシーンで陽菜に、大声で想いを伝えるシーンが特によかったです。

まだまだ未熟な高校生だけれど、大切な人を守りたい気持ちは人一倍。

ちょっと不器用で可愛い男子高校生を熱演してくれました。

 

まとめ

映画「天気の子」の主人公・森嶋帆高のプロフィールや性格についての紹介でした。

声を演じるのは醍醐虎汰朗さんで、年相応の高校生役を魅力的に演じてくれました。

作品の完成度も高いので、まだ見に行っていないという人はぜひ劇場に足を運んでみてください。

また、新海誠監督の過去作品をチェックしておくと、更に楽しめますよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで新海誠監督作品の動画を見る