ひぐらしのなく頃にシリーズのアニメやDVDの見る順番をまとめ

夏になると見たくなる名作「ひぐらしのなく頃に」シリーズ。

2002年の原作ゲーム発表から15年以上経つ今でも根強い人気を誇っている、オタクなら知らない人はいない程に有名な作品ですが、作品数が非常に多いので、

とある人
興味はあるけどどこから観たら良いのか分からない!

という方も多いのではないかと思います。

そこで、この記事ではアニメ「ひぐらしのなく頃に」シリーズの視聴にあたってオススメな見る順番や、時系列などについてご紹介します!

 

アニメ「ひぐらしのなく頃に」シリーズの放送日程

まずはアニメ「ひぐらしのなく頃に」シリーズがどのような順番で放送されたのかを調べました。

  1. ひぐらしのなく頃に
    放送日:2006年4月〜9月 全26話。
  2. ひぐらしのなく頃に解
    放送日:2007年7月〜12月 全24話。
  3. ひぐらしのなく頃に礼
    発売日:2009年2月 ※地上波放送なし。OVA作品。全5話。
  4. ひぐらしのなく頃に煌
    発売日:2011年7月 ※地上波放送なし。OVA作品。全4話。
  5. ひぐらしのなく頃に拡〜アウトブレイク〜
    発売日:2013年8月 ※地上波放送なし。OVA作品。全1話。

「ひぐらしのなく頃に」は上記の表の通り、5回に分けてアニメ化されていますが、地上波で放送されたのは第1期「ひぐらしのなく頃に」第2期「ひぐらしのなく頃に解」のみ

第3期〜第5期はOVA作品となっており、第3期と第4期は番外編、第5期はパチンコ「CRひぐらしのなく頃に頂」のプロモーションとして作成され、DVD及びBlu-ray Discにて順次発売されました。

第3〜5期も面白いですが、本編である第1期と第2期さえ視聴すれば、ひぐらしの世界観を十分に楽しむことが出来ます。

 

アニメ「ひぐらしのなく頃に」を見る順番とその理由

先程も述べた通り、アニメ「ひぐらしのなく頃に」の第3期〜第5期は番外編です。

その為、まずは第1期と第2期を見るのがオススメなのですが、第1期と第2期を見る順番として、以下の2パターンが挙げられます。

  1. 第1期→第2期と放送順に視聴する※オススメ
  2. 第1期の第1章→それに対応する解答編→第1期の第2章→それに対応する解答編……という風に第1期と第2期を章ごとに分けて、出題編解答編を交互に視聴する

オススメは、リアルタイム視聴者と同じ放送順の視聴ですが、ものすごく怖がりという方には②の「出題編」→「解答編」という順番もオススメです。

なぜそういう見る順番がおすすめなのか、その理由を以下でご説明しますね。

出題編と解答編とは?

原作ゲーム「ひぐらしのなく頃に」は雛見沢村という架空の村で発生する惨劇とその謎を描くミステリー作品。

しかし、ミステリーに付きものの「探偵役」はいません。

プレイヤー自身が数々の手掛かりから謎を解き明かす、視聴者参加型の推理ゲームなのです。

そして、原作やコミック同様、アニメも視聴者自身が推理する楽しさを味わえるような構成になっており、本編は大きく分けて、惨劇の起こる「出題編」と、謎が明かされる「解答編」の2種類があります。

しかし、放送順にアニメを見た場合、第1期の15話までは「出題編」の4編が続き、その後16話以降が「解答編」となる為、15話までは謎が明かされないまま次の謎が出題されるという、おあずけ状態になってしまうのです。

その方が楽しそう!という方なら放送順の視聴で問題ありませんが、フラストレーションが溜まってしまいそう、と思う方もいるのではないでしょうか?

また、「出題編」は残虐な描写が多い一方で、「解答編」ではホッと出来るストーリーも多いです。

その為、怖がりな方や、バッドエンドの苦手な方は、「出題編」の後すぐに「解答編」を見た方がすっきりするのではないかと思います。

ただし、アニメスタッフはあくまで放送順に視聴することを想定して作っていますので、放送順に見た方がより楽しめるということはご了承ください。

出題編←→解答編  対応表

出題編と解答編を交互に見たい!という方向けに、出題編となる1話〜15話を章ごとに分け、解答編となる章と並べて表にしました。

  1. 【出題】鬼隠し編(第1期1〜4話)
    ←→【解答】罪滅し編(第1期22〜26話)
    →【後日談(※アニメオリジナル)】厄醒し編(第2期1〜4話)
  2. 【出題】綿流し編(第1期5〜8話)
    ←→【解答】目明し編(第1期16〜21話)
  3. 【出題】祟殺し編(第1期9〜13話)
    ←→【解答】皆殺し編(第2期5〜12話)
  4. 【出題】暇潰し編(第1期14〜15話)
    ←→【解答】祭囃し編(第2期13〜23話)

時間がないという方の場合も、出題編と解答編を交互に見る視聴方法はオススメです。

物語のはじまりとなる鬼隠し編と、その解答編である罪滅し編、そして完結編である祭囃し編は見逃さないようにしてください!

とある人
でも時間があるなら全部観た方が楽しいし、出来れば放送順に見た方が世界観にどっぷり浸れるよ!

 

アニメ「ひぐらしのなく頃に」が観れる動画配信サービス

「ひぐらしのなく頃に」を見る順番についてお話してきましたが、ここで実際に動画が見られる配信サービスを紹介します。

「ひぐらしのなく頃に」のアニメを見られるサービスはいくつかありますが、全作品を見たいのなら、U-NEXTがオススメ!

アニメ第1期、第2期だけでなく、DVDで発売されたOVA作品である第3期と第4期も視聴可能。ちなみに2本ある実写映画版もU-NEXTなら無料視聴ができます。

全作品、見放題の対象となっており、31日間のお試しキャンペーンがあるので、期間中に全て見てしまえば、無料です。

↓31日間無料お試し期間あり↓
U-NEXTでひぐらしのなく頃にの動画を見る

 

まとめ

「ひぐらしのなく頃に」のアニメやDVDの見る順番についてご紹介しました。

アニメは第1期から第5期までありますが、第3期〜第5期は番外編でDVDで発売されました。

まずは本編である第1期と第2期を視聴して、ぜひ「正解率1%」と言われる謎に挑戦してみてください。

残虐な描写が多いため、特に女性の方は途中でリタイアしてしまいたくなるかもしれませんが、謎が明かされ、惨劇から一転、希望が見えてくる「解決編」のカタルシスは圧巻!

放送順に視聴するのが一番面白いですが、リタイアしてしまいそうなほど怖がりな方は、出題編と解答編を交互に視聴する方法もオススメです。

U-NEXTであればDVDで発売されたOVAの動画も配信していますので、ひぐらしのなく頃にの動画を観る場合はU-NEXTを使ってみるといいですよ。

↓31日間無料お試し期間あり↓
U-NEXTでひぐらしのなく頃にの動画を見る