【漫画】BECKの最終回あらすじとネタバレや無料で読む方法

月刊少年マガジンにて連載されていた、ハロルド作石さん作の漫画「BECK(ベック)

約10年にわたって連載され、単行本は全10巻となっています。

ここではBECKのあらすじや最終回(最終話)のネタバレ、ほぼ無料(48円)で読む方法などをご紹介していきます!

ちなみに…

完全無料にはならないものの、U-NEXTに無料会員登録した時にもらえる600ポイントを使えば、BECKの最終回(34巻)を48円で読むことができます。

普通に買うよりもかなりおトクなので、ぜひお試しください(^^)

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでBECKを48円で読む

 

【漫画】BECKの最終回あらすじ

最終回(最終話)のネタバレを見ていく前に、まずはBECKのあらすじをチェック!

BECKのあらすじが次の通りです。

〜BECKのあらすじここから〜

主人公は田中幸雄というどこにでもいそうな少年です。

平凡な毎日をつまらないなと感じながらも、何をどうすればいいかわからず過ごしているいまどきの男の子。

ですが、南竜介という人と偶然出会う事によって、彼の世界は大きく変わります。

竜介のおかげで幸雄は音楽と出会う事になったのです。

そしてふたりを中心にBECKというバンドを結成することになり、物語が展開していきます。

〜BECKのあらすじここまで〜

以上がBECKのあらすじです。

続いて本題でもある、BECKの最終回(最終話)ネタバレを見ていきましょう!

 

【漫画】BECKの最終回ネタバレ

単行本が全34巻となっているBECK。

約10年にわたって続いた物語も、34巻をもって最終回を迎えます。

果たしてどのような結末を迎えるのか?

さっそく最終回(最終話)のネタバレを見ていきましょう!

〜BECKの最終回ネタバレここから〜

音楽にであいコユキと呼ばれるようになった幸雄ですが、信念を胸にどんどん音楽の世界へ突き進みます。

しかしトラブルももちろんたくさんあります。

ライブ中、トラブルが続き中止をせまられるのですが、コユキは暗闇の中でもずっと歌い続けています。

そして観客もそれを応援しています。

すると竜介の音もなりひびき、コユキとセッションをはじめます。

コユキにはテクニックがありませんが、何よりも熱いまっすぐな気持ちを音楽にのせており、それが人々の心をうつのでした。

演奏が終わり、出演者の控え室であるテントに戻ると佐藤がやってきます。

アンコールはなし、中止が決定したと告げます。

雷もなりひびいているためですが、中止のアナウンスが流れる中観客は帰ろうとしません。

帰らずに、アンコールを待っていたのでした。

「しょうがねぇ」と立ち上がる千葉につづくメンバーですが、コユキは竜介から伸ばされた手をつかみ、「自分をひっぱってきてくれたのはこの手だ」と噛みしめます。

今までを振り返り、感慨深くなっていました。

4人がステージに向かい、コユキも追いかけます。

コユキも疲れ切っており、転んでしまうのですが「最後の力を振り絞ろう」と平に言われます。

そして背中をおされまた、この手のおかげでここまでこれた、と思います。

コユキの中にあるのはメンバーへの感謝の気持ちでした。

千葉から「最高のシンガーのひとりだ」と過去にいわれたことも思い出します。

その言葉が自分を支えて来てくれた、と思います。

サクは自分のことをいつも信じてついてきてくれました。

佐藤は観客と思いがつうじる事が「グレイフルサウンド」であり特別な場所だと思っています。

そして観客がききにきている、それは「本当の奏でだ」と思うのでした。

しかしそんな中、オーロラビジョンが崩壊してしまいます。

佐藤は、中止をしないとグレイフルサウンドがこれからなくなってしまうかもしれない、と迫られます。

しかしコユキ、そして観客が一体になっている姿をみて、中止をする事をどうしても決断できませんでした。

ライブが終わり後日、相変わらずBECKのメンバーはボロボロのバンにのっています。

日本全国のツアーをおこなっているのでした。

千葉は「早く壊せ」とコユキに運転を迫り、みんなが笑うのですが千葉以外はこのバンに愛着をもっているようです。

そしてコユキは笑うメンバーをみながら、これから何があっても構わない、と心の中で決意をします。

今が最高に幸せだ、と実感しているのでした。

〜BECKの最終回ネタバレここまで〜

以上がBECKの最終回(最終話)ネタバレです。

相変わらずボロボロのバンに乗っているのが、BECKのメンバーらしいですね(^^)

 

【漫画】BECKの最終回をほぼ無料(48円)で読むなら

34巻続いたBECKの物語。

先ほどは34巻に収録されている最終回(最終話)のネタバレを見てきました。

ですが、文字だけだとやっぱり面白みに欠けますよね…。

せっかくならイラスト付きの漫画で読みたいところ。

そこで活用したいサービスがU-NEXTです。

U-NEXTは無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

BECKの単行本は648円で配信されているので、完全無料にはならないものの、ポイントを使えば48円で読むことができます。

また、31日間のお試し期間中であれば、アニメ版のBECKも全話無料で視聴可能。

お試し期間中に解約すれば費用は一切かからないので、ぜひお試しください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでBECKを無料で読む

 

【漫画】BECKの最終回を読んだ感想

まるで音楽がリアルにきこえてくるような描写でスピード感もある漫画でしたが、コユキの成長というのもとてもリアルに感じられる作品でした。

熱く、感動的である分辛い場面もたくさんありました。

コユキと同じように涙を流す人もいたかと思います。

ですが、そんなコユキたちの最後が成功したからよいわけではなく、心から満足できる音楽ができたこと。

そして、世界的に有名となっても変わらずバンにのっていることなどが、とても嬉しくなる最終回だったと思います。

個人的にはコユキの恋愛ももっとみたかったですが…

やはり夢、音楽、というのを全面に押し出したBECKだからこそ、この最終回がベストだったのではと思います。

思わず音楽をやりだしたくなるような、ききたくなるような、そんな感動的なマンガでした。

【漫画】BECKの最終回を読んだ人たちの感想

【漫画】BECKの関連作品をご紹介

「BECK」は2004年にアニメ化されています。

アニメはアメリカ遠征編の直前までを描いた作品となっています。

アニメ版は単行本と同じく、U-NEXTで配信されています。

見放題の対象作品なので、31日間のお試し期間中でも無料で視聴できますよ♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでBECKの動画を見る

 

そして2010年、映画化もされています。

映画の主人公は竜介で水嶋ヒロさんが演じています。

映画は短い時間でしたので、原作の1巻から10巻の内容をぎゅっとつめこんだ作品となっています。

コユキ役を佐藤健さん、千葉役を桐谷健太さん、サク役を中村蒼さん、平役を向井理さん、南真帆役を忽那汐里さんが演じるなどかなりの豪華キャストになっています。

原作者のハロルド作石さんの意向もふんだんにいかされており、原作ファンの人にもたまらない作品となっています。

原作の全てが描かれているわけではありませんが、原作ファンなら必ず想像していたであろう「どんな音楽か」という事が描かれています

そのため、自分が思い描いていたものとどうなのか見比べてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに…

アニメ版はU-NEXTで配信されているのですが、映画版はどこの動画サービスでも配信されていません。

どうしても映画版を見たい場合は、TSUTAYA DISCASなどの宅配レンタルサービスを使うのもおすすめですよ(^^)

↓30日間無料お試し期間あり↓ TSUTAYA DISCASでBECKを無料レンタル

 

【漫画】BECKの最終回あらすじとネタバレまとめ

月刊少年マガジンにて連載されていた「BECK(ベック)」

10年以上前の作品ですが、今読んでも胸を打たれます。

また、もれなくフェスやライブに行きたくなりますね。

内容が気になる方はU-NEXTなどを活用して、ぜひ読んでみてください♪

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTでBECKを無料で読む