【アニメ】終わりのセラフの続編3期の放送はいつ頃か?続きの漫画も紹介

2015年の4月から6月に第1期、同年の10月から12月に第2期がアニメ化された「終わりのセラフ」。

吸血鬼との戦いを描くダークファンタジーでジャンプらしい戦闘もあるこの作品ですが、果たして続編のアニメ3期の放送予定はあるのでしょうか?

とある人
アニメの3期がいつ頃になるのか知りたい!

と、続編を待ち望んでいる人も多いことでしょう。

そこで、この記事では「終わりのセラフ」のアニメ続編の放送はいつ頃になりそうか調査してみました。

また、終わりのセラフのアニメの続きを漫画で読む場合、何巻から読めばいいのか、無料で読む方法はないのかもまとめました。

 

終わりのセラフの基本情報

「終わりのセラフ」は原作は鏡貴也さん、漫画は山本ヤマトさん、コンテ構成は降矢大輔さんによるダークファンタジー作品です。

集英社のジャンプスクエアからで2012年から連載しています。

2019年年6月現在単行本は18巻まで発売されており、アニメ1期と2期で11巻の途中までがアニメ化されました。

基本的には原作漫画の流れをそのままアニメ化しているので、先に漫画で続きを確認する場合はそのまま26巻から読めば良いということになります。

終わりのセラフ2期の続き、続編情報

終わりのセラフ2期は11巻途中までアニメ化されていいますが、終わり方としては戦場から離脱して4ヵ月後になり「君月の妹とグレンを取り戻す」という目的を掲げて終わっています。

そして、この後の12巻ではフェリドやクローリーが登場して物語は新たな展開を迎えていくことになります。

漫画を読んでいないと「このあとどうなるんだろう?」という疑問を抱えたままになってしまいますよね。

そこで、「終わりのセラフ」の続編の3期は放送されるのか、BD/DVD売り上げ状況、Twitterでの評価、原作のストック状況を調べてみました。

 

終わりのセラフのBD/DVD売り上げ状況

果たして「終わりのセラフ」の続編3期は製作されるのか、その要となるBD/DVD売上状況を調査しました。

BD/DVD売上枚数(初動)

第1期1巻:6,228枚

第2期1巻:2,586枚

一般的に続編の制作にはBD/DVDの売上が5000枚必要と言われており、1期に関してはそのラインを上回っています。

しかし、2期は5000枚のラインの半分ほどにしか達していません。

そこだけ見ると、続編は難しいように思えますが、「終わりのセラフ」はジャンプ作品であることが一つ希望があります。

それはジャンプ作品のアニメの制作がBD/DVDの売上だけでなく、原作漫画や関連グッズの売上を含めて続編の制作をしているという点があります。

「終わりのセラフ」は原作漫画が好評でアニメ化し、そこからアニメ化をしたことによってより話題になり漫画の部数の売上にも貢献しています。

なので、BD/DVDの売上だけではなく原作漫画の売上によって「終わりのセラフ」の続編の希望が持てるという理由になります。

続いてTwitterでのアニメ食戟のソーマの評価や期待の声を調査してみました。

 

終わりのセラフのTwitterでの評価

売上に不安が残る「終わりのセラフ」ですが、Twitterではどうなっているのでしょうか?

「終わりのセラフ 3期」でのTwitter投稿数は、6月時点で1,532と、5000にも満たない投稿数です。

「終わりのセラフ」を見ていた人も売上状況や長い期間が空いていることを知っているせいか3期の放送はもうないものと思っている人がいるので、このような結果になったのだと推測できます。

肝心の公式Twitterですが更新頻度はあまり多くはないようです。

単行本の発売やイベントの告知をする程度なので最低限の稼働をしているように見えます。

 

終わりのセラフの原作漫画のストック状況

原作コミック「終わりのセラフ」はジャンプスクエアで連載中です。

単行本は2019年6月現在、18巻まで発売されています。

アニメは1期と2期の分割2クールで11巻までの内容をやっていることから3期が1クールだとすると5~6巻分の素ストックが必要です。

なので、ストックの面では続編に必要な巻数はあるということになります。

実はアニメ2期は単行本11巻の内容までやっていますが、アニメ放送当時はその11巻が発売されておらず、漫画の内容に先行してアニメが進められていたというところがあります。

つまり、2期が終わってからの期間はストックを貯めていた期間と見ることができるので、今までの期間は続編を作りたくても作れなかったということも考えられるものです。

 

終わりのセラフ3期の放送はいつ頃か予想と結論

現実的な話、「終わりのセラフ」続編3期はあるのでしょうか?

同じジャンプスクエアに連載され、アニメの続編が作られたものの期間からその時期を予想していきます。

DVD/BD売上 アニメ1期 アニメ2期以降
終わりのセラフ 6,228枚(1期1巻)

2,586枚(2期1巻)

2015年4月 – 6月(全12話) 2015年10月 – 12月(全12話)
血界戦線 22,208枚(1期1巻)

6,865枚(2期1巻)

2015年4月 – 6月(第11話まで)
2015年10月(12話のみ)
2017年10月 – 12月(全12話)
To LOVEる ダークネス 12,838枚(1期1巻)

6,626枚(2期1巻)

2012年10月 – 12月(全12話) 2015年7月 – 10月(全14話)
青の祓魔師 23,267枚(1期1巻)

3,463枚(2期1巻)

2011年4月 – 10月(全25話) 2017年1月 – 3月(全12話)

「終わりのセラフ」は他作品と比べると年内で分割2クールという珍しい形式になっています。

「青の祓魔師」は1期が続けて2クールやっているので、それが一番近いですが、続く2期は6年後とかなり期間が空いたものになっています。

「血界戦線」は2年、「To LOVEる ダークネス」は3年となっていますが、「終わりのセラフ」はその期間は過ぎているので、最も近い例は「青の祓魔師」のパターンです。

なので、もし、続編の3期があるとすれば2021年以降の放送になるかと思います。

ただ、この3作品と売上を比べてみると、やはり大きく差がついたものになっているので、そこが一番の不安点であることは変りないという現実が見えてきます。

なので、続編は2021年以降になると予想しますが、現実的には難しい部分もあるというのが結論になります。

 

終わりのセラフ3期の続きを漫画で読むなら

「終わりのセラフ」の3期が制作されるかは怪しいところではありますが、単純にアニメの続きが気になるという人もいると思います。

その際、漫画を読んでみようと思っているのであれば、11巻以降を読んでみるとアニメの続きから見ると良い物になります。

先を読みたいと思っているなら、実際に漫画を買うよりも電子書籍で読んでみてはいかがでしょうか?

U-NEXTを使えば、31日間の無料お試し期間と登録直後にもらえる600ポイントを絡めれば、漫画1冊分は無料で読むことができます。

漫画を読みたい場合はU-NEXTをチェックしてみてください。

↓31日間無料お試し期間あり↓ U-NEXTで「終わりのセラフ」の漫画を読む

また、もしも12巻や13巻と読み進めたいけど、それも無料で読みたいと思っている場合はmusic.jpを利用するといいですね。

music.jpは無料お試し期間もありますし、登録直後の961円分のポイントももらえます。

終わりのセラフは1冊あたり449ポイント必要なので、music.jpを利用すれば2冊は無料で読めますね。

漫画に使えるポイントだけではなく、動画に使えるポイントも貰えるので無料お試し期間で楽しんでみてください。

↓30日間無料お試し期間あり↓
music.jpで終わりのセラフの漫画を見る

 

まとめ

以上、アニメ「終わりのセラフ」の3期の放送があるのか、また放送はいつ頃かの調査まとめでした。

3期があるとしたら2021年になるのではないかという予想ですが、現実的には厳しい面があるようです。

アニメが続きが気になる終わり方をしていますが、今は3期の放送があることを期待して発表を待ちましょう。